淋病の感染経路を正しく知って予防と治療に努めよう

検査から始めよう

purge

薬なしでは絶対に治せないのが淋病という病気ですが、自覚症状がある場合はまず検査して感染を確認しましょう。病院で検査できるほか、自分で検査キットを使う方法もあります。

More
pharmacy bottle

感染経路と症状

physic

「性器から性器へ」というセックスだけ気をつけていればいいわけではないのが淋病の厄介な点です。オーラルセックスやアナルセックスもそれぞれ感染経路のひとつとなっています。

More

自覚症状がないケース

medicine

性感染症の中では比較的、激しい症状が出るのが淋病の特徴ですが、人によっては自覚症状ゼロの場合もあります。少しでもおかしいと感じたときは、検査する必要があります。

More

感染経路はさまざま

drug

アソコの力を増したいならタダリスでも可能です。他の薬が合わなかった人は利用してみましょう。

ノミダニがついて困っているワンちゃんにはレボリューションの小型犬用をこちらで購入してあげてください。

淋病とは細菌による感染症の一種で、淋菌と呼ばれる細菌に感染する事で発症する疾患になります。淋病は性病の一つとして広く認識されている疾患なのですが、それは感染経路が大きく関係しています。淋菌という細菌は粘膜に付着する事で繁殖出来るという特徴があり、基本的には感染力が比較的強いと言われています。しかし粘膜から離れてしまうと一気に感染力が落ちてしまうので、粘膜と粘膜が直接触れる性行為が感染経路となるのです。それ以外にも便器やタオル等に粘液が付着して、それが媒体となってうつるという感染経路もあります。しかし便器やタオルが感染経路となるパターンは非常に珍しいので、基本的には性行為の際に注意する事が大切だと言えます。

淋病を発症した場合に現れる症状としては、男性の場合には分かりやすい症状が現れるという特徴があります。これに対して女性の場合には自覚症状が現れないケースも多いため、女性の感染は特に注意する必要があると言えます。ちなみに男性が発症した場合に現れる症状については、排尿痛や発熱、尿道から膿のようなものが排出される等が挙げられます。淋病の治療方法に関しては薬物療法が基本となっていて、淋菌に対して効果を発揮する抗菌薬が処方される事になります。発症の疑いがある場合には早めに病院を受診して、適切な治療を受ければ完治させる事が可能です。完治までにかかる期間は人によって多少異なるものの、一般的には1〜2週間程度で完治するとされています。