淋病の感染経路を正しく知って予防と治療に努めよう

自覚症状がないケース

medicine

淋病の感染理由として挙げられるのは性行為です。男女ともに感染する可能性があり、他の性病と比べると感染率が高いのが特徴です。感染するのは性器だけでなく喉に感染する事もあるのです。淋病は感染者の呼吸などが原因で空気感染する感染症ではないのでインフルエンザなどの空気感染する感染症と比べると患者数は多くありませんが、性行為を主な感染ルートとする感染症の中では患者数の比較的多い病気です。淋病は感染しても自覚症状がない場合があるのでその為本人が感染している事を知らずに性行為を行ってしまう事も感染者が多い原因の一つになっています。性行為以外にもタオルなどを共有する事で感染する場合もあるので感染した時は同居する人への配慮も必要になります。

淋病に感染した時の主な症状は男性の場合は排尿時に痛みを感じたり性器が腫れてくる症状があります。女性の場合も排尿時に痛みを伴ったり性器から出血などがあります。淋病は感染しても人によって症状が強く出なかったり感染してから自覚症状が出るまで時間がかかる場合があるので感染していても自覚症状がない場合があります。淋病自体の症状とは違いますが、淋病に感染するとクラミジアやHIVの発症率が上がるので他の病気を発症しやすい状況になる弊害があります。さらに感染後そのまま放置しておくと不妊症状が出たり、女性の場合感染したまま出産する事で出産時に生まれてくる子供に淋病がうつる可能性があるので感染した場合は正しい治療をうけるべきです。