淋病の感染経路を正しく知って予防と治療に努めよう

感染経路と症状

physic

淋病は昔流行した病気というイメージがありますが、一時減少したものの現在は再び増加傾向にあります。淋病は性行為による感染症の一つで、淋菌という細菌感染によって引き起こされる性病です。淋病の主な感染経路は性行為ですが、それに類似した行為のオーラルセックスやアナルセックスでも感染するといわれています。淋病は性器から性器へ感染すると思われがちですが、オーラスセックスやアナルセックスでは、それぞれ淋菌性咽頭炎や肛門直腸炎などを引き起こす可能性があります。また淋菌が体内に侵入すると、敗血症・髄膜炎・関節炎などの全身感染症を引き起こすこともあります。女性の場合心配されるのが妊婦による淋菌感染で、新生児への影響も懸念されます。

淋病を発症した2・3割の患者は同時にクラミジアにも感染していることが多く、その場合両方の治療が必要となります。近年は抗生物質の乱用から薬剤に強い耐性を持つ淋菌が出てきて、以前は淋病の薬として効果のあったペニシリンGなどの薬は治療効果が期待できなくなってきています。そのため現在は内服薬で治療するという方法は行わず、注射による治療を行う医療機関が増えてきています。淋病は免疫ができる感染症ではないと言われていて、再発感染が多いのも特徴の一つです。勝手に治ったと思って治療を打ち切ってしまうと、完治までにはさらに時間を要します。また治療はパートナーと一緒にすることが望ましく、片方だけの治療では無意味に終わることもあります。